Ribbit.work

投稿一覧

極限まで高速化を目指す方向けのHTMLで省略可能なタグ一覧

HTML
2021-7-28

HTMLを記述する際は、XMLのように、開始タグと終了タグの数が一致している必要はありません。特定の条件のもと、特定のタグは省略可能です。今回は省略可能なタグとその条件をまとめましたので、よろしければご活用ください。

ダブルクォートの有無や文字コードを問わず使用できるCSV取込

javascript
2021-7-19

文字コード、エンコード、改行コード、ダブルクォーテーション。この全てを意識することなくCSVデータを取り込む方法を紹介します。取り込むCSVデータはFileオブジェクトを使うことを前提としています。

三井住友カードゴールドを契約した

note
2021-7-12

珍しく仕事を早く切り上げて、家でクレジットカードを登録しました。三井住友カード、CMでやってるカード番号が刻印されてないやつ。SBIがクレカ積立をやると聞いて作らないとと思ってそのままにしてましたが、ようやく動きました。発行ページを見ていると、ゴールドがお得そう。ただ条件あり。

まとめてではなく1件ずつファイルをzipに圧縮する【Power Automate Desktop】

RPAPower Automate Desktop
2021-7-12

エクスプローラーの通常機能を使用すると、特定のフォルダをzip形式に圧縮することができます。ただ、ファイルを1件1件圧縮したい場合は、それぞれzipへの圧縮を指示していかなければならないため、件数が多くなると手間がかかってしまいます。今回は特定のフォルダ内のファイルを1件ずつ圧縮する方法を紹介します。

Kintoneのフィールドコードの命名規則と、JavaScript上で使用する際に気を付けること

Kintonejavascript
2021-7-9

Kintoneで作成できるアプリには様々なフィールドが存在し、その全てにフィールド名とフィールドコードを割り振る必要があります。フィールド名は主にユーザーが見える部分に、フィールドコードは主にアプリ管理者およびJavaScriptで参照するために使用します。今回はフィールドコードの命名規則と、私がJavaScript上でフィールドコードを使用する際に気を付けていることを紹介します。

kintone.events.onと非同期処理(async/await) - kintone

Kintonejavascript
2021-7-6

JavaScriptカスタマイズを行う上でよく利用する非同期処理を実装する方法と、実装する上での注意点を紹介します。kintone.events.onに登録した関数は引数として受け取ったeventを最終的にreturnします。この関数を非同期にするということは、返却される値がeventからPromise<event>になるということです。Kintoneはこれを想定していて、ほとんどのイベントで以下のように記述があります。

作成したKintoneプラグイン

同一アプリ(自アプリ)ルックアッププラグイン

アプリの文字列フィールドをルックアップフィールドに見立て、同一アプリの別レコードから情報を参照できるようにします。

Excel出力プラグイン

xlsx形式でファイル出力することができるボタンを一覧に追加するプラグインです。

リアルタイムテーマ変更プラグイン

アプリ内のレコード一覧から直接カスタムテーマを変更することのできるプラグイン

年齢自動計算プラグイン

日付フィールドと年齢フィールドを紐づけて、自動計算・自動更新を行うプラグインです。