Ribbit.work

【コピペで使える】バッチファイルで空ファイルを作る方法3パターン

PowerShell

last modified date2021-9-14

publish date2021-8-17

Windows10 におけるバッチファイルは、扱い方を覚えてしまえば PC 操作がより快適になりますが、専門として取り扱っている方でなければ、他プログラミング言語とも勝手が違いますし、取っつきにくいところかと思います。

今回は、バッチファイルを利用して空ファイルを作る方法を、コピーアンドペーストで使えるコード付きで紹介したいと思います。

type を使ったパターン

type 関数は本来、引数に指定したファイルの内容を表示するもので、送り先を指定した場合、送り元ファイルの内容を、送り先ファイルに反映するといった関数です。今回は、 type nul > %新規ファイル名% とすることで、

空データをファイルに書き出します。ファイルがないので、新しく作ります。

といった動作を起こすことで、空ファイルを作成します

type nul > %ファイル名%

以下はコピペ用テストデータとなります。変数である FOLDER, FILE をそれぞれ、出力したいフォルダ、ファイル名に変更してください。

イメージ(コピーできます)

C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

Microsoft Windows [Version xx.x.xxxxx.xxx]
(c) 2019 Local Bias All rights reserved.
 
C:\users\user>type nul > %userprofile%\Documents\empty.file_

バッチファイルの場合

@echo off
setlocal

set FOLDER=%userprofile%\Documents\
set FILE=test.out

type nul > %FOLDER%%FILE%

endlocal
exit

Copy を使ったパターン

copy A B とした場合、A というファイルを、B というファイルにコピーするという関数です。 今回は、 copy nul %新規ファイル名% とすることで、

空データをファイルにコピーします。ファイルがないので、新しく作ります。

といった動作を起こすことで、空ファイルを作成します

copy nul %ファイル名%

以下はコピペ用テストデータとなります。変数である FOLDER, FILE をそれぞれ、出力したいフォルダ、ファイル名に変更してください。

イメージ(コピーできます)

 C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

Microsoft Windows [Version xx.x.xxxxx.xxx]
(c) 2019 Local Bias All rights reserved.
 
C:\users\user>copy nul %userprofile%\Documents\empty.file_

バッチファイルの場合

@echo off
setlocal

set FOLDER=%userprofile%\Documents\
set FILE=test.out

copy nul %FOLDER%%FILE%

endlocal
exit

echo を使ったパターン

一番馴染みのあるであろう echo を使用したパターンも紹介します。注意点としては、完全な空ファイルは作られません。2 バイトのデータができてしまいます。ですが、基本的に重複チェックなどに使うだけであれば、大きな問題とはならないかと思います。

echo は送り先を指定することで、引数をファイルに書き出すことができます。ここまで聞くと、echo nul>%ファイル名%としたくなりますが、nul が「nul」という文字列として扱われてしまうため、うまくいきません。ですので、改行を出力する、echo;と組み合わせ、echo;>%ファイル名%とすることで、

改行をファイルに出力します。ファイルがないので、新しく作ります。

といった動作になります。ファイルサイズが 2 バイトできてしまいますが、一番理解しやすいかもしれませんね。

echo;>%ファイル名%

以下はコピペ用テストデータとなります。変数である FOLDER, FILE をそれぞれ、出力したいフォルダ、ファイル名に変更してください。

イメージ(コピーできます)

C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

Microsoft Windows [Version xx.x.xxxxx.xxx]
(c) 2019 Local Bias All rights reserved.
 
C:\users\user>echo;>%userprofile%\Documents\empty.file_

バッチファイルの場合

@echo off
setlocal

set FOLDER=%userprofile%\Documents\
set FILE=test.out

echo;>%FOLDER%%FILE%

endlocal
exit

この記事をシェア

この記事を読んだ方におすすめの記事

【コピペで使える】バッチファイルでのファイル、フォルダの削除
2021-9-2

【コピペで使える】バッチファイルでのファイル、フォルダの削除

PowerShell
【再起動しても消えない】バッチファイルでのネットワークドライブの割り当て方
2021-8-16

【再起動しても消えない】バッチファイルでのネットワークドライブの割り当て方

PowerShell

最新の記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript