Ribbit.work

【プラグイン無料公開】一覧情報をそのままExcel(.xlsx)としてダウンロード

KintoneJavaScript

last modified date2021-10-26

publish date2021-8-15

皆さんはCSV出力機能、利用されますか?

バックアップやアプリ移行、レコードの一括更新など、何かと使う場面は多いと思います。

ただこのCSV出力、出力までに必要な手数が多くありませんか?

一覧のデータを少しExcelで加工したいだけなのに、いくつかの手順を踏んで、CSVの完成を待って、ダウンロードが開始されます。ちょっと手間ですよね。

そこで今回は、僕が開発したExcel出力プラグインを紹介します。

標準ではCSVでしか出力できないkintoneですが、xlsx形式でファイル出力することができるボタンを一覧に追加するプラグインです。

ダウンロード

公開しているプラグイン一覧はこちら

この記事の目次

使い方

アプリにプラグインを適用すると、一覧に画像のようなアイコンが追加されます。

kintone-plugin-xlsx-sample-1

アイコンをクリックすることで、現在表示しているフィールド、検索条件に合わせて、.xlsx形式でファイルが出力されます。

設定の変更

プラグインの設定画面は、以下のようになっています。

kintone-plugin-xlsx-demo-2

初期状態では、ダウンロードされる内容は実際の表示フィールド、検索条件に依存させていますが、設定を変更することで、全てのフィールド、全てのレコードを取得することができます。(レコード数が多い場合は、処理に時間がかかることがあります)

この記事をシェア

この記事を読んだ方におすすめの記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript

最新の記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript