Ribbit.work

【kintone】プラグインのsetConfigとgetConfigをラクにする

JavaScriptKintone

last modified date2021-8-16

publish date2021-8-15

kintoneのプラグインには、プラグイン単位で設定情報を保持してくれる機能がありますが、javascriptのオブジェクト型の情報を保持することはできません。

通常、JSON.parseとstiringifyを活用して保存・復元するんですが、これを都度意識するのは面倒です。

今回はその部分を意識しなくてもデータをやり取りするための関数を用意したので、よろしければご活用ください。

プラグイン情報取得時

データの取得は設定画面と実際の操作画面どちらでも必要になりますね。

/**
 * プラグインがアプリ単位で保存している設定情報を返却します
 */
const restoreStorage = (id) => {
  const config = kintone.plugin.app.getConfig(id);

  return Object.entries(config).reduce(
    (acc, [key, value]) => ({ ...acc, [key]: JSON.parse(value) }),
    {}
  );
};

プラグイン情報設定時

こちらは基本的に設定画面のみでの利用が多いかと思います。

/**
 * アプリにプラグインの設定情報を保存します
 */
const storeStorage = (target, callback) => {
  const converted = Object.entries(target).reduce(
    (acc, [key, value]) => ({ ...acc, [key]: JSON.stringify(value) }),
    {}
  );

  kintone.plugin.app.setConfig(converted, callback);
};

この記事をシェア

この記事を読んだ方におすすめの記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript

最新の記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript