Ribbit.work

Power Automate Desktopを使って、Chatworkへメッセージを送信する

Power Automate DesktopRPA

last modified date2021-7-3

publish date2021-7-1

こんにちはリビットです。

RPAを使う上で最も考えないといけないのは、エラー発生時の対応です。

最低限エラーを拾って次の処理に移る、などを実装することは多いと思いますが、できればエラーをログに残したり、ユーザーに通知する手段が欲しいですよね。

今回はChatwork APIを使って、Power Automate Desktopからチャットワークへメッセージを送信する方法を紹介します。

フローの各アクションの紹介

Chatworkへメッセージを送信するだけであれば、必要なアクションは1つだけです。

  • Web > Webサービスを呼び出します

から、フローにアクションを追加します。

アクションの内容

rpa-send-message-01

パラメーター名 内容
URL https://api.chatwork.com/v2/rooms/%RoomId%/messages?body=message
メソッド POST
受け入れる application/json
コンテンツ タイプ application/x-www-form-urlencoded
カスタム ヘッダー X-ChatWorkToken: %Token%
要求本文 (空欄)

内容には、変数を2つ使っています。

変数名 内容
RoomId 送信先のルームID
Token 自分のAPIトークン"

ルームIDはChatworkのURLのrid以降の数字部分またはプロフィールから取得できます。 APIトークンはChatworkのアカウント設定から発行できます。詳しくは公式サイトからどうぞ

アクションの各パラメータ

必要なパラメータを補足していきます。

受け入れる

ChatworkのAPIから取得できる各データはjson形式になるので、application/jsonを指定します。 Power Automateもjsonをそのまま使用できるので相性はいいですね。

コンテンツ タイプ

POSTメソッドやPUTメソッドを使用するエンドポイントのリクエストボディはContent-Type: application/x-www-form-urlencodedである必要があります。

とAPIドキュメントにあります。 今回使用するメソッドはPOSTなので、application/x-www-form-urlencodedを指定します。

カスタム ヘッダー

APIを使用するにはAPIトークンが必要となります。

すべてのリクエストには必ずAPIトークンを含める必要があり、APIトークンはHTTPリクエストヘッダに X-ChatWorkToken というキーでセットする必要があります。

みなさんのRPA開発のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事をシェア

この記事を読んだ方におすすめの記事

まとめてではなく1件ずつファイルをzipに圧縮する【Power Automate Desktop】
2021-7-12

まとめてではなく1件ずつファイルをzipに圧縮する【Power Automate Desktop】

RPAPower Automate Desktop
要素を取得しているのに「表示するUI要素はありません」と表示される場合の対処法
2021-7-2

要素を取得しているのに「表示するUI要素はありません」と表示される場合の対処法

Power Automate DesktopRPA

最新の記事

kuromoji.jsで形態素解析
2021-12-4

kuromoji.jsで形態素解析

TypeScriptJavaScript
レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】
2021-12-4

レコードのサブテーブルを並び替えて登録する【Kintone JavaScriptカスタマイズ】

JavaScriptKintone
レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】
2021-11-29

レコード一覧表示時(app.record.index.show)のサンプルコード集【Kintone】

JavaScriptKintone
スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】
2021-11-26

スライダーを使って数値を設定できるKintoneプラグイン【無料公開】

KintoneJavaScriptTypeScript